ショルダーテキストショルダーテキスト

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

送料無料対象商品のお買上げ「10,000円(税別)」または「6個」以上で送料無料!

お料理とワイン

たけのこのエスニック炒め

春の旬の食材たけのこで、ナンプラー香るアジアンな炒め物に。
たけのこは、少し手間がかかりますが、せっかくの旬の食材なので水煮でないものを使いましょう。
たけのこの香り、甘み、旨み、食感が格別に違います。
たけのこを湯がいてあれば、ささっとできる簡単な炒め物です。
(調理時間:15分以下)*下茹での時間は含まず

たけのこのエスニック炒め

材料

分量(2人前)

  • たけのこ……1本
  • アスパラガス……4本(茹でて3~5cmにカット)
  • なす……2本(1/6~1/8に縦切りし、半分にカット)
  • 豚肉ロース……250g
  • ニンニク……ひとかけ(スライス)
  • 鷹の爪……2本(1/2カット)
  • サラダ油……大さじ2
  • <調味料>
    • 鰹・昆布だし……100ml
    • ナンプラー……大さじ1
    • ごま油……大さじ2
    • クミンパウダー……小さじ1
    • ガラムマサラ……小さじ1
    • 塩……少々
    • 白コショウ……少々

作り方

  1. 【1】たけのこは、下茹でする。皮のまま、穂先4センチくらいに半分に切れ目を入れる。3、 筍がかぶるくらいのひたひたのお水に、米糠、お米(一つかみ)を入れ、中火で1時間ほど茹で、そのまま冷ます。冷めたら皮を剥ぎます。(良く見る水煮パックのような状態にしましょう。)
  2. 【2】サラダ油とスライスしたニンニクをフライパンに入れ ニンニクを焦がさないよう、弱火で火を入れる。(油にニンニクの香りを移す)。
  3. 【3】フライパンに豚肉を入れ炒め、軽く火が通ったら、一旦取り出す。
  4. 【4】なす、筍、アスパラガスの順に入れて炒め、塩胡椒する。全てに油が回ったら、豚肉をフライパンに戻し、調味料を加える。出汁を入れ全体にいきわたらせる。 そのあと、クミンパウダー、ガラムマサラを振り入れ、なじんだらナンプラーを入れ軽く炒め、火を止めてから、ごま油を全体に回しいれて完成です。
レシピ監修者

レシピ
監修者

吉田 順子(よしだ じゅんこ)

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ

食べることが大好きなことから、料理教室に7年間通い続けている。明治屋クッキングスクールでは、和食・洋食・中華・菓子の基本コースをマスター。食事の際のお酒の楽しみ方とマリアージュに感動したことから、ワインを学び始める。フードアナリストの資格も保有し、時々フード媒体でライティングを担当。美しいものが好き。ワインもそのひとつ。お料理とお酒の楽しみ方、マリアージュを追求し、日々のご家庭での食卓が楽しく、美しくなるよう、様々な角度から提案をしていきます。

【その他保有資格】
JSA SAKE Diploma、唎酒師、オリーブオイル ジュニアソムリエ、フードアナリスト、日本プリザーブドアーティスト協会 認定講師

マリアージュ
ワンポイント

旬のたけのこを、和の味付けではなく、ワインに合わせるレシピとして考案しました。 たけのこが持つしっかりとした食感、本来の甘み、旨みを引き出し、ほんのり感じる清涼感と心地よい苦みを感じる後味を活かして、スパイスを利かせ厚み、パンチのある味わいに。 果実味、骨格がしっかりとしたふくよかなボディのワインと合います。 ポイントはワインの中に存在するスパイスやハーブのアロマ(香り)と合わせること。 少々辛いと感じる味わいも、ワインと合わせることで双方に複雑味を与え、バランスよくなります。ぜひ、ワインと共にお試しください♪  2021.4.26公開

人気商品

ワインを探す

ページトップへ

20歳未満飲酒防止のため、年齢の確認を
させていただいております。

あなたは20歳以上ですか?

20歳未満飲酒防止のため、年齢の確認を
させていただいております。
生年月日を入力してください。

西暦 /
/

ログアウトします。よろしいですか?
(自動ログインの設定も解除されます。)